白内障や緑内障は眼科で治療~目の問題を安心安全に解決~

医者と看護師

活性酸素により起こる

女医

飛蚊症の一つである、生理的飛蚊症は紫外線で起こるといわれています。紫外線により目の内部に活性酸素が発生することで生理的飛蚊症が起こるのです。この飛蚊症だとどのようなことが起こるのか把握しておきましょう。

More…

成分を補給

目元

白内障や緑内障を抑えるためにはアントシアニンやカロチンなどを補給することも大切です。白内障の手術では曇った水晶体を取り除くことが可能です。ただ、人工の水晶体の代わりになるものを活用します。

More…

眼科での治療法

目元

白内障や緑内障といった目の問題は放っておかずにできるだけ眼科で治療しておくことが大切です。白内障は加齢により起こることもある病気です。このため、年を重ねると起こりやすい目の問題ともいえます。このため、治療方法を把握しておくことが大切です。白内障の治療方法の一つが目薬です。他の治療方法よりもほとんど負担をかけることなく白内障を抑えることができます。ただ、あくまで白内障の症状を抑える効果があるため、根本的に解決にはなりません。グルタチオン製剤といわれている目薬等を活用して、水晶体の曇りをできるだけ抑える役割があります。目薬と同様に白内障をできるだけ抑えるのが内服薬です。漢方等を活用して目の濁りをできるだけ改善します。

眼圧が高くなったことなどにより起こる緑内障の治療方法の一つが目薬です。緑内障は一度発症してしまうと眼圧を下げて元の眼圧に戻すのは難しいといわれています。ただ、目薬や内服薬等を活用してできるだけ眼圧を挙げないようにすることが可能です。炭酸脱水酵素阻害薬といわれる目薬を活用して眼圧が高まる原因となる、房水をできるだけ発生させないようにすることが可能です。房水が蓄積されると、目の内部が圧迫されてしまいます。緑内障はレーザー治療をすることも可能です。房水が蓄積するのを防ぐ効果があります。ただ、根本的な改善治療できないこともあるため気をつけましょう。

飛蚊症の危険性

案内

生理的飛蚊症は紫外線をできるだけカットすることで、防ぐことができるかもしれません。飛蚊症になった時は眼科に行くことが大切です。眼科でどうして飛蚊症が起こっているのか確かめてもらいましょう。

More…